日本全国の道の駅や無料駐車場などの車中泊スポットと、人気温泉地・フォトスポット・グルメなどのクルマ旅情報を収録しているブログです。

  車中泊でクルマ旅 ブログのナビゲーター   トップページ > 割引・無料特典  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新日本海フェリーの新割引サービス 「ペア100プラス」<無料記事>

2013 - 06/05 [Wed] - 05:36

117.jpg

 

2014年から、こちらのサービスは中止となっています。現在はペア88が最大の割引のようです。

 

舞鶴~小樽便、敦賀~苫小牧便、新潟~小樽便を運行している新日本海フェリーが、2013年6月より往復40%オフとなる割引チケットを導入した。敦賀~苫小牧便の船は昨年就航したばかりの新造船だが、露天風呂までついた真新しい船にもこの割引チケットが該当するのは嬉しい限りだ。

 

「ペア100プラス」と呼ばれるこの割引チケットは、大人の男女2名で年齢の合計が100歳以上に該当するカップルが対象で、既存の30%オフチケット「ペア88」より多少バーが高くなっている。両割引チケットの違いは、カップルの年齢だけでなく利用期限にもあり、ペア100プラスは14日以内の同一航路での往復の場合のみに限られる。つまり50代の現役世代で連続休暇を利用して北海道に行かれる方に「うってつけ」と言えそうだ。ただし14日といっても、新造船が運行する敦賀~苫小牧便の場合、行きは午前1時の出港で到着は夜の8時半になるため、ほぼ船内で1日が終わることになる。また帰りは23時半に苫小牧を出て、翌日の20時半に敦賀に着くため、実質的に北海道に居られるのは12日間である。

 

ペア88

 

一方の「ペア88」には期限の制約がない。定年退職して時間にゆとりがあるシルバー層には、好きなだけ北海道に滞在できるこのチケットの方が自由が効いて良さそうだ。ペア88については既に詳しい記事を掲載しているので、そちらを合わせて参考にしていただきたい。

 

北海道のクルマ旅情報はこちらのページで。
北海道

 


 

 

スポンサーサイト

ペア88 新日本海フェリー割引制度 <無料記事>

2011 - 06/01 [Wed] - 11:41

ペア88

 

北海道行きのお得な新日本海フェリーの割引制度をご紹介。
端的にいうと、男女合わせて88才以上のカップルを対象に、乗車&個室利用料金が30%割引になる。チケットに「ペア88」と記載されているが、購入には様々な制約条件があり、年齢を証明できる書類が発券には必要だ。現金で清算する場合は、チケット予約後3日以内、しかもキャンセルや変更はできない。詳しくは下記のサイトでご確認を。

 

新日本海フェリーの該当ホームページ

 

ちなみにこのチケットで一等客室を利用した場合、舞鶴~小樽間が5メートル未満の車両で38990円。割引なしだと55700円なので、16710円の差がある。往復利用すれば、1泊はゴージャスな温泉旅館に泊まれるか、稚内から礼文島までのフェリー代が賄えてしまうだけの価値があるから見逃せない。

 

pear88_2.jpg

 

こちらは一等客室の「洋室」。和室もあるが、布団を敷くのが面倒なので僕は洋室を利用する。トイレはないが、鍵がかかるので貴重品を置いて船内を動けるのはありがたい。広さはスーパーホテルのシングルに毛が生えた程度。特等室はバストイレ付きでもう少し広い。

 

北海道のクルマ旅情報はこちらのページで。
北海道

 


 

 

北海道情報誌 HO [ほっ] 北海道の温泉無料&割引クーポン <無料記事>

2011 - 06/01 [Wed] - 11:29

北海道の温泉無料&割引クーポン

 

温泉博士と同じく、温泉の無料入浴クーポン券がついた北海道限定のローカル情報誌HO [ほ]は、道外のシルバー世代に絶大なる人気を誇る雑誌だ。近頃は現地で出会う人のほぼ100%が、その存在を知っているようにも思える。
温泉博士との違いはクーポン券に無料と割引があること。あわせて70件ほどだが、北海道に限っていえば温泉博士の10倍近い数の施設が利用できるため、旅先が北海道だけなら、HO [ほ]だけでも事足りそうだ。使い方は温泉博士とほぼ同じで、こちらも本をフロントに見せてスタンプを押してもらう仕組みである。ただし、温泉博士よりも施設固有の付帯条件が多いので要注意。中には休日は使えないところもあった。

 

なお発刊は毎月25日。
北海道に旅立つ前に、出版社に直接電話で購入を申し込むと、郵便振り込み用紙といっしょに届けてくれる。

 

北海道情報誌 HO [ほ]オフィシャルサイト

 

北海道のクルマ旅情報はこちらのページで。
北海道

 


 

 

 | HOME |  »

スポンサードリンク

情報インデックス

■車中泊スポット
■観光&撮影スポット
■日帰り温泉
■グルメスポット
■コインランドリー
※北海道情報はこちら
 
 

全記事表示リンク

検索フォーム

簡単!ブックマーク

カテゴリ

プロフィール

稲垣朝則
車中泊専門雑誌カーネルの巻頭特集「車中泊で旅する」を連載しており、その取材で年中日本全国を旅している。
既に日本列島を5往復以上…
主なホームページ
■車中泊でクルマ旅
■大人の車中泊
■オートパッカー
クルマで旅する北海道
車中泊で行く温泉旅
サブバッテリー
 
 

最新記事

リンク

「データベース」アクセス数

「車中泊でクルマ旅」総アクセス数

アクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。