日本全国の道の駅や無料駐車場などの車中泊スポットと、人気温泉地・フォトスポット・グルメなどのクルマ旅情報を収録しているブログです。

  車中泊でクルマ旅 ブログのナビゲーター   トップページ > 北海道/車中泊スポット  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

層雲峡オートキャンプ場/北海道 大雪山 車中泊スポット<無料記事>

2014 - 08/20 [Wed] - 05:15

層雲峡オートキャンプ場

 

夏は管理人が24時間駐在する
層雲峡温泉街にほど近い国道39号、通称「大雪国道」沿いにある自然豊かなキャンプ場で、以前は層雲峡青少年旅行村の名前で親しまれていた。筆者は2002年と2008年の2度訪れているが、ここは北海道の中でもお気に入りのサイトの1つだ。
奥には区画オートキャンプスペースもあるが、写真のようにフリーサイトの外の駐車スペースを利用すれば、1台500円で泊めてもらえる。

 

層雲峡オートキャンプ場

 

シーズン中は24時間管理棟にスタッフが駐在し、午後9時から翌朝6時まではゲートが閉鎖される。ただ、朝早く出発したければ、事前にその旨を伝えておくと鍵の開け方を教えてくれるので支障はない。
また場内には、コインランドリーもシャワーも完備されており、もちろんゴミは引き取ってくれる。これで500円なのだから、北海道はまさに「キャンプ天国」である。

 

DSC_1807.jpg

 

しかも、層雲峡温泉街に行く途中にセブンイレブンがあるのだから、もはや文句のつけようがない。ただし… 残念なことにペットの同伴は不可である。

 

層雲峡オートキャンプ場

 

場内は広々した草地のフリーサイトが中央にあり、周囲にバンガローが点在している。早朝はここに蝦夷リスやアカゲラなどがやってくることも。

 

sa3.jpg

 

夏休みは別にして、普段のこのキャンプ場の利用者は登山客やライダーがほとんどだ。他のサイトを見ても、総じてこのキャンプ場の評価は高い。

 

層雲峡オートキャンプ場

 

ちなみにオートサイトは1500円。

 

【正式名称】
層雲峡オートキャンプ場  電話:01658-5-3368
【サイト数】
フリーテントサイト約80張・オートキャンプ専用サイト12区画(普通車9台・大型3台)・バンガロー26棟(ログ式2~3人用・4~6人用)
【営業期間】
7月~9月
【チェックイン・アウト】
13時~10時
【料金】
フリーサイト 1泊1張 500円・オートキャンプサイト 1泊1台 1,500円(電源なし)・バンガロー 2~3人用 1泊1棟3,000円・4~6人用 1泊1棟 4,000円
【フィールド】
草地
【トイレ】
水洗トイレ
【最寄の入浴施設】
黒岳の湯
大人600円
営業時間:10:00~21:00 休館日:水曜
最寄のショッピング施設】
車で5分ほどのところにコンビニあり

 

【車中泊好適度】
1.利用料金=フリーサイト ○ 
2.駐車場の平坦度=ほぼ平坦 ○ 
3.ゴミ箱の有無=あり ○
4.入浴施設までの距離=約10分 △
5.コンビニ・スーパーまでの距離=約5分 △

 

 

層雲峡のガイドページへ 。

 

 
 
当サイトは、右のカテゴリーのブログランキングに参加しています。記事の内容、貴方の旅のお役に立てば、バナーを一押ししてください。励みになります。 にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村 

 
 
車中泊に関するオリジナルの情報サイト
オートパッカー
大人の車中泊
サブバッテリー
クルマ旅に関するオリジナルの情報サイト
クルマで旅する北海道
車中泊で温泉旅

 

スポンサーサイト

道の駅南ふらの/北海道・富良野の車中泊スポット<無料記事>

2014 - 08/19 [Tue] - 10:12

道路

 

バイクや車中泊の旅人に優しい道の駅

 

南富良野町字幾寅の国道38号線沿いにある道の駅。1999年に上映された「鉄道員(ぽっぽや)」の舞台となった「幌舞駅」は、実はこの道の駅からほど近い「幾寅駅」のことである。

 

道の駅南ふらの

 

町内のかなやま湖や空知川では、カヌーが盛んなことから、道の駅の外観はカヌーの軸先をイメージしたユニークな形の建物になっている。またエントランスロビーの正面には、同じくかなやま湖や空知川に生息するイトウ、アメマス、ウグイなどの淡水魚が悠々と泳ぐ大型の水槽があり、訪れる人々の目を集めている。

 

ラベンダー

 

富良野らしく、駐車場の奥は広々としたラベンダー畑が広がる公園になっており、夏は華やかな景観に包まれる。

 

フリースポット 北海道

 

この道の駅の特筆すべき点は、2階に設けられたモバイル・インターネット環境だ。道の駅の中には、他にもフリースポットに登録している施設があるが、デスクと電源が無料で使えるところはあまり見たことがない。

 

道の駅南ふらの

 

入口には珍しく電子レンジが置かれている。車中泊旅行者やライダーにとってありがたいサービスだ。

 

道の駅南ふらの

 

もちろんゴミ箱も完備。

 

かなやま湖

 

かなやま湖。湖畔にはキャンプ場と日帰り入浴施設もある。自炊や連泊がしたい人はこちらを利用しよう。

 


大きな地図で見る

 

【正式名称】
道の駅 南ふらの
【駐車台数】
普通車:74台
【ゴミ箱】
あり
【最寄の入浴施設】
かなやま湖保養センター
かなやま湖保養センター 
北海道空知郡南富良野町東鹿越 ℡:0167-52-2223
入浴時間: 10:00~21:00
定休日: 無休 
料金:おとな410円

 

【車中泊適性度】
1.駐車場の平坦度=ほぼ平坦 ○ 
2.ゴミ箱の有無=あり ○
3.入浴施設までの距離=10キロ未満 △ 
4.飲食・物販施設の営業時間=レストラン18時まで △ 
5.コンビニ・スーパーまでの距離= セイコマートまで約400メートル ○

 

富良野・美瑛の車中泊事情と車中泊スポット

 

 

 

 
 
当サイトは、右のカテゴリーのブログランキングに参加しています。記事の内容、貴方の旅のお役に立てば、バナーを一押ししてください。励みになります。 にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村 

 
 
車中泊に関するオリジナルの情報サイト
オートパッカー
大人の車中泊
サブバッテリー
クルマ旅に関するオリジナルの情報サイト
クルマで旅する北海道
車中泊で温泉旅

 

上士幌町航空公園キャンプ場/東大雪 北海道<無料記事>

2014 - 08/09 [Sat] - 11:17

上士幌町航空公園キャンプ場

 

上士幌の市街地から2キロほど離れた、音更川の隣にある格安で手入れが行き届いたキャンプ場だ。航空公園内には36ホールのパークゴルフ場(無料)があるほか、近隣に入浴施設があるので、夏はライダーや長期滞在のキャンプ利用者が目立つ。

 

上士幌航空公園2

 

北海道らしく広大なフリーサイトだが、クルマの乗り入れは不可。それはいいとして、残念なのが駐車場のレイアウトだ。もしここが、別海町ふれあいキャンプ場や、クッチャロ湖畔キャンプ場のように、サイトぎりぎりにクルマが横付けできたなら、人気は倍ほど違うことだろう。

 

上士幌航空公園3

 

屋根付きで綺麗に清掃された炊事棟。

 

上士幌航空公園4

 

ひとり500円の利用料金でゴミも処分できる。

 

上士幌航空公園5

 

隣接するパークゴルフ場。

 

なお、ここは北海道遺産に登録されたタウシュベツ川橋梁にマイカーで行こうと思っている人や、道の駅しほろ温泉で車中泊している人々のマナーの悪さが気になるという人には、お勧めの車中泊地だ。

 

【正式名称】
上士幌町航空公園キャンプ場
〒080-1408 北海道河東郡上士幌町字上士幌基線241 現地電話なし
【サイト数】
フリーテントサイト約200張
【営業期間】
6月~10月
【チェックイン・アウト】
フリー
【料金】
中学生以上ひとり1泊 500円
【フィールド】
草地
【トイレ】
簡易水洗トイレ
【最寄の入浴施設】
町営温泉「ふれあいプラザ」TEL:01564-2-4128
大人380円
営業時間:14:30~22:30 休館日:第1・3月曜日
【最寄りのショッピング施設】
上士幌市内まで約2キロ

 

【車中泊好適度】
1.利用料金=フリーサイト △ 
2.駐車場の平坦度=ほぼ平坦 ○ 
3.ゴミ箱の有無=あり ○
4.入浴施設までの距離=約5分 ○
5.コンビニ・スーパーまでの距離=約5分 ○

 

 

 

 
 
当サイトは、右のカテゴリーのブログランキングに参加しています。記事の内容、貴方の旅のお役に立てば、バナーを一押ししてください。励みになります。 にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村 

 
 
車中泊に関するオリジナルの情報サイト
オートパッカー
大人の車中泊
サブバッテリー
クルマ旅に関するオリジナルの情報サイト
クルマで旅する北海道
車中泊で温泉旅

 

 | HOME |  »

スポンサードリンク

情報インデックス

■車中泊スポット
■観光&撮影スポット
■日帰り温泉
■グルメスポット
■コインランドリー
※北海道情報はこちら
 
 

全記事表示リンク

検索フォーム

簡単!ブックマーク

カテゴリ

プロフィール

稲垣朝則
車中泊専門雑誌カーネルの巻頭特集「車中泊で旅する」を連載しており、その取材で年中日本全国を旅している。
既に日本列島を5往復以上…
主なホームページ
■車中泊でクルマ旅
■大人の車中泊
■オートパッカー
クルマで旅する北海道
車中泊で行く温泉旅
サブバッテリー
 
 

最新記事

リンク

「データベース」アクセス数

「車中泊でクルマ旅」総アクセス数

アクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。