日本全国の道の駅や無料駐車場などの車中泊スポットと、人気温泉地・フォトスポット・グルメなどのクルマ旅情報を収録しているブログです。

  車中泊でクルマ旅 ブログのナビゲーター   トップページ > 北海道/車中泊スポット  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大磯駐輪駐車公園/北海道 利尻島の無料駐車場<無料記事>

2014 - 08/26 [Tue] - 08:20

大磯駐輪駐車公園

 

空港近くの無料駐車場
利尻島には道の駅はないが、大磯駐輪駐車公園の無料駐車場にはトイレがあるので車中泊ができる。近くに自転車道路が通っているので、サイクリングをする人にはいいかもしれない。ただ利便性は悪くオススメではない。利尻島には無料のキャンプ場もあり、島民からもけして良い感情は持たれないだろう。

 

 

【所在地】
北海道利尻郡利尻富士町鴛泊大磯
鴛泊フェリーターミナルより道道105号(利尻富士利尻線)交差点より西へ約10km
【駐車台数】
11台

 

【車中泊適性度】
1.駐車場の平坦度=ほぼ平坦 ○ 
2.ゴミ箱の有無=不明 -
3.入浴施設までの距離=約12キロ ✕
4.飲食・物販施設の営業時間=不明 - 
5.コンビニ・スーパーまでの距離= 鷲泊市街まで約10キロ ✕

 

 

 

 
 
当サイトは、右のカテゴリーのブログランキングに参加しています。記事の内容、貴方の旅のお役に立てば、バナーを一押ししてください。励みになります。 にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村 

 
 
車中泊に関するオリジナルの情報サイト
オートパッカー
大人の車中泊
サブバッテリー
クルマ旅に関するオリジナルの情報サイト
クルマで旅する北海道
車中泊で温泉旅

 

スポンサーサイト

利尻北麓野営場/北海道 利尻島<無料記事>

2014 - 08/26 [Tue] - 07:04

管理棟

 

利尻山登山口にあるキャンプサイト
2012年6月にリニューアルオープンしたキャンプ場で、バンガローと3区画ながらオートキャンプサイトを備えている。設備が整っており、管理人常駐、トイレはなんとウォシュレット。ただし利尻山・鴛泊コースの登山口を兼ねているので、受付と同時に登山計画書の提出を求められる。もっとも大半が登山客なのだろう。

 

オートサイト

 

オートキャンプサイト。2500円の価値があるかどうかは?(笑)。車中泊はフリーサイト料金を支払えば駐車場で可能のようだが、こういうキャンプ場は就寝も起床も早い人が多く、のんびりしたい旅行者にはあまり適さないだろう。

 

登山口

 

名水百選に選ばれている甘露泉までは徒歩10分程度。ただし炊事場の水は甘露泉からひかれているので、わざわざ水を汲みに行く必要はない。

 

 

【正式名称】
利尻北麓野営場
〒097-0101 北海道利尻郡利尻富士町鴛泊字栄町国有林地内
☎0163-82-2394(開設期間中・管理棟)・☎0163-82-1114(開設期間外・役場商工観光係)
【サイト数】
テントサイト 約30張(駐車場は25台)・オートサイト3区画
【営業期間】
5月15日~10月15日
【料金】
オート1台2500円・テント専用大人500円、中学生以下300円、小人(小学生以下)無料・ケビン5000円
【フィールド】
平らな草地
チェックイン17:00
チェックアウト10:00
【トイレ】
水洗(シャワートイレ)
【最寄の入浴施設】
利尻富士温泉
(営業時間) 11:00~21:30  
定休日:無休
入浴料 大人500円
【最寄のショッピング施設】
鷲泊市街まで約4キロ

 

【車中泊適性度】
1.駐車場の平坦度=ほぼ平坦 ○ 
2.ゴミ箱の有無=あり ○
3.入浴施設までの距離=約1.5キロ ○
4.飲食・物販施設の営業時間=利尻富士温泉の軽食レストランは21時まで △ 
5.コンビニ・スーパーまでの距離= 鷲泊市街まで約4キロ △

 

 

 

 
 
当サイトは、右のカテゴリーのブログランキングに参加しています。記事の内容、貴方の旅のお役に立てば、バナーを一押ししてください。励みになります。 にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村 

 
 
車中泊に関するオリジナルの情報サイト
オートパッカー
大人の車中泊
サブバッテリー
クルマ旅に関するオリジナルの情報サイト
クルマで旅する北海道
車中泊で温泉旅

 

沼浦キャンプ場/北海道 利尻島 <無料記事>

2014 - 08/26 [Tue] - 05:53

利尻島 沼浦キャンプ場

 

オタトマリ沼に近い無料キャンプ場
利尻島にあるキャンプ場の中では、もっとも車中泊がしやすいレイアウトになっている。ただし、バックパッカーや自転車キャンパーには、買い出しや入浴施設の遠さがネックとなるため利用客は極めて少ない。

 

利尻島 沼浦キャンプ場

 

設備は炊事棟と簡易水洗トイレ、そしてゴミ箱だけだが、料金は無料。といっても利尻島のキャンプ場はどこも1000円以下で泊まれるので、価格よりもロケーションを優先して選ぶほうが良さそうだ。 使用上の注意点は、カラスと蚊。ここに限らず利尻島はカラスが多いので、調理の際には注意が必要だ。また夏になると蚊が活発に動き出すので、食事は明るいうちに済ませたほうが無難だろう。

 

沼浦展望台

 

場所はオタトマリ沼からすぐ近く。写真の沼浦展望台からは利尻山が大きく見える。

 

 

【正式名称】
沼浦キャンプ場
〒097-0211 北海道利尻郡利尻富士町鬼脇字沼浦
☎0163-82-1114(利尻富士町役場商工観光課)
【サイト数】
テントサイト 約30張り(フリーの草地)
【営業期間】
6月1日~9月30日
【料金】
無料
【フィールド】
平らな草地
チェックイン フリー
チェックアウト フリー
【トイレ】
簡易水洗
【最寄の入浴施設】
総合交流促進施設「北のしーま」
(営業時間) 15:00~20:30
定休日:月曜及び第4金曜
入浴料 大人500円
【最寄のショッピング施設】
鬼脇市街まで約2.5キロ

 

【車中泊適性度】
1.駐車場の平坦度=ほぼ平坦 ○ 
2.ゴミ箱の有無=あり ○
3.入浴施設までの距離=約2キロ ○ 
4.飲食・物販施設の営業時間=不明 - 
5.コンビニ・スーパーまでの距離= 鬼脇市街まで約2.5キロ △

 

 

 

 
 
当サイトは、右のカテゴリーのブログランキングに参加しています。記事の内容、貴方の旅のお役に立てば、バナーを一押ししてください。励みになります。 にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村 

 
 
車中泊に関するオリジナルの情報サイト
オートパッカー
大人の車中泊
サブバッテリー
クルマ旅に関するオリジナルの情報サイト
クルマで旅する北海道
車中泊で温泉旅

 

 | HOME |  »

スポンサードリンク

情報インデックス

■車中泊スポット
■観光&撮影スポット
■日帰り温泉
■グルメスポット
■コインランドリー
※北海道情報はこちら
 
 

全記事表示リンク

検索フォーム

簡単!ブックマーク

カテゴリ

プロフィール

稲垣朝則
車中泊専門雑誌カーネルの巻頭特集「車中泊で旅する」を連載しており、その取材で年中日本全国を旅している。
既に日本列島を5往復以上…
主なホームページ
■車中泊でクルマ旅
■大人の車中泊
■オートパッカー
クルマで旅する北海道
車中泊で行く温泉旅
サブバッテリー
 
 

最新記事

リンク

「データベース」アクセス数

「車中泊でクルマ旅」総アクセス数

アクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。