日本全国の道の駅や無料駐車場などの車中泊スポットと、人気温泉地・フォトスポット・グルメなどのクルマ旅情報を収録しているブログです。

  車中泊でクルマ旅 ブログのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 北海道/食事処&特産品 > ほっけのちゃんちゃん焼き /北海道 礼文島<無料記事>  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ほっけのちゃんちゃん焼き /北海道 礼文島<無料記事>

2014 - 08/23 [Sat] - 17:29

ほっけのちゃんちゃん焼き 香深漁港協同組合

 

礼文島伝統の味
「礼文島に行ったら、ほっけのちゃんちゃん焼きを食えよ」。
これは今は亡き、筆者の北海道仲間が最後に残していった言葉である。2008年はバックパッキングで礼文島に来ていたため、ほとんど船泊地区で時間を過ごし、外食するような余裕はなかったのだが、2011年は十分、その「ちゃんちゃん焼き」が食べられる余裕を組んで稚内を離れたつもりだった。しかし、運悪く梅雨前線が北海道に停滞してしまい、礼文島での滞在時間が大幅に削られるハメに… 食事を移動しながら摂るなどして時間を工面し、目的の礼文滝までの取材は完了できたが、翌朝一番のフェリーまでが、この島にいられる限界だった。

 

ちどり

 

あ~、今回もダメか… 
諦めムードで、出航時間まで家内が港の前の商店街で土産物を物色する間に、香深の町をぶらついた。ほっけのちゃんちゃん焼きは、「ちどり」という食堂が有名だ。ここのホッケは目の前にある香深(かふか)漁港から揚がったばかりのものを使っているという。しかし、朝の8時過ぎでは如何ともし難く… 開いてもいない店の写真を撮るしかなかった。

 

香深漁港協同組合

 

フェリーターミナルに引き返す道で、偶然香深漁港の直営店の前を通りかかった。この店は朝早くから開いていたので、中を覗いて見ることに。

 

ほっけのちゃんちゃん焼き 香深漁港協同組合

 

おっ! あるではないか、お目当てのものが。
冷凍とはいえ、ほっけのちゃんちゃん焼きには違いない。
現在は、北海道周辺のほとんどの海域でホッケ漁が行われている。その中で利尻・礼文島のホッケの評判が高い理由は、水揚げの時期にあるという。ホッケは2歳になると回遊をやめ、岩礁周辺に定住する。同時に、それまでのプランクトンだけでなく、小魚、魚卵、イカ、エビ、オキアミなどいろいろな種類を食べて丸まると太り始める。その結果、身が厚く、脂が存分にのった「大人のホッケ」、このあたりでいう「ネボッケ」が育つのだ。礼文島ではこのネボッケを、刺し網漁と底建網漁という独特の手法で漁獲している。

 

DSC_4295.jpg

 

さて。調理方法はごくシンプルで、パックのままホッケを自然解凍し、同封された調理味噌に、長ネギを加えて焼く。旅先で炭がなくても、フライパンにアルミホイルを敷いて、ガスコンロにかけるだけでも十分に美味い。鮭と同じように、鍋蓋を使って少し蒸せば、確実に火を通すことができる。夏はビール、冷える時期は日本酒の良い肴になろう。なお、通販でも同じものが手に入るようだ。

 

 

 
 
当サイトは、右のカテゴリーのブログランキングに参加しています。記事の内容、貴方の旅のお役に立てば、バナーを一押ししてください。励みになります。 にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村 

 
 
車中泊に関するオリジナルの情報サイト
オートパッカー
大人の車中泊
サブバッテリー
クルマ旅に関するオリジナルの情報サイト
クルマで旅する北海道
車中泊で温泉旅

 

 | HOME | 

スポンサードリンク

情報インデックス

■車中泊スポット
■観光&撮影スポット
■日帰り温泉
■グルメスポット
■コインランドリー
※北海道情報はこちら
 
 

全記事表示リンク

検索フォーム

簡単!ブックマーク

カテゴリ

プロフィール

稲垣朝則
車中泊専門雑誌カーネルの巻頭特集「車中泊で旅する」を連載しており、その取材で年中日本全国を旅している。
既に日本列島を5往復以上…
主なホームページ
■車中泊でクルマ旅
■大人の車中泊
■オートパッカー
クルマで旅する北海道
車中泊で行く温泉旅
サブバッテリー
 
 

最新記事

リンク

「データベース」アクセス数

「車中泊でクルマ旅」総アクセス数

アクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。