日本全国の道の駅や無料駐車場などの車中泊スポットと、人気温泉地・フォトスポット・グルメなどのクルマ旅情報を収録しているブログです。

  車中泊でクルマ旅 ブログのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 日本史が10倍面白くなる話 > 奈良県・高松塚古墳の極彩色壁画にまつわる逸話<無料記事>  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奈良県・高松塚古墳の極彩色壁画にまつわる逸話<無料記事>

2012 - 01/31 [Tue] - 15:36

高松塚古墳 壁画

 

その名は、「世紀の大発見」として、まさに一夜にして日本中に広がった…
奈良県明日香村にある高松塚古墳から、極彩色の壁画が発見されたのは、今から40年前の昭和47年(1972年)3月21日。奈良県橿原考古学研究所の所長であった末永雅雄・関西大学名誉教授の指導のもと、同大学の網干善教・助教授と考古学研究室の学生が発掘調査を行い、日本で初めてとなる極彩色の壁画を検出した。
その後の政府の対応は迅速で、翌73年に高松塚古墳は特別史跡に認定され、74年に極彩色壁画は国宝となる。

 

高松塚5

 

また同時に、壁画の保存については内外の専門家からさまざまな意見が出され、石室から壁画を剥がして別途保存する方法を含めて、あらゆる案が検討されたという。だが最終的に、石室は解体せず壁画は現地で保存することになる。そこで文化庁は1974年から石室南側の前室部分に空調設備を備えた保存施設の建設を進め、1976年3月に完成。壁画の保存修理工事は同年の9月から第1次、第2次、第3次に分けて実施され、1985年をもってすべてが終了。この間、1980年にカビの大量発生をみるが、この時は薬品等を用いた除去策が功を奏した。

 

高松塚4

 

事態が風雲急を告げたのは21世紀を迎えてから。
2004年6月、高松塚は再び「大事件」の舞台となる。今度は朝日新聞が壁画の劣化を大々的に報じたのだ。描線が消えかかった白虎図や黒カビなどの写真が明るみに出ると、一般国民の関心は大きく明日香村に注がれた。やがて、外部の専門家の力を借りずにカビ退治の失敗を重ねたこと、壁面の損傷を隠した不祥事、地震の地割れで水や虫類が入ったことなどが判明。壁画は複合劣化とされたが、政府の管理体制に対する国民の疑念が消えることはなかった。

 

高松塚6

 

その後、改めて壁画の劣化防止策や保存方法について種々の検討が行われ、最終的には、壁画の描かれている石室をいったん解体・移動して修復し、完了後に元に戻すという計画に落ち着いた。石室の解体修理は2006年10月に開始され、翌年3月には国営飛鳥歴史公園内に修理施設が完成。石室はいったん解体・搬出した後、この修理施設へ移され、10年間かけて壁画の保存修理が行われるという。また空調設備を備えた保存施設は既に撤去され、高松塚古墳は2009年10月から再びその姿をみることができるようになっている。
ちなみにこの古墳は、二段式の円墳で、694年~710年の間の築造と確定されている。ただし被葬者は今も未特定で、天武天皇の皇子説、臣下説、朝鮮半島系王族説の3つが有力視されている。

 

高松塚7

 

さて… その極彩色の壁画が発見当時に近い状態で見られるレプリカが、思いも寄らない場所にあることをご存知だろうか。
その場所とは、大阪府吹田市にある関西大学の千里山キャンパスである。高松塚古墳の実質的な発掘者である関西大学では、2004年の事件を機に、発掘当時の感動を後世に伝えるべく、精巧なレプリカを博物館前に作ったという。館外にあるので誰も気軽に見学できるうえに無料だ。修復された本物が良いのか、リアルに近いレプリカが良いのかは分からない… しかし、この試みは拍手に値するものだと筆者は思う。なお筆者は関大OBではない。PTAではあったけど(笑)。でなければ、こんな話は今も知らないままに違いない…

 

高松塚8

 

関西大学
〒564-8680 大阪府吹田市山手町3−3−35
電話:06-6368-1121

 

 

 
 
当サイトは、右のカテゴリーのブログランキングに参加しています。記事の内容、貴方の旅のお役に立てば、バナーを一押ししてください。励みになります。 にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村 

 
 
車中泊に関するオリジナルの情報サイト
オートパッカー
大人の車中泊
サブバッテリー
クルマ旅に関するオリジナルの情報サイト
クルマで旅する北海道
車中泊で温泉旅

 

 | HOME | 

スポンサードリンク

情報インデックス

■車中泊スポット
■観光&撮影スポット
■日帰り温泉
■グルメスポット
■コインランドリー
※北海道情報はこちら
 
 

全記事表示リンク

検索フォーム

簡単!ブックマーク

カテゴリ

プロフィール

稲垣朝則
車中泊専門雑誌カーネルの巻頭特集「車中泊で旅する」を連載しており、その取材で年中日本全国を旅している。
既に日本列島を5往復以上…
主なホームページ
■車中泊でクルマ旅
■大人の車中泊
■オートパッカー
クルマで旅する北海道
車中泊で行く温泉旅
サブバッテリー
 
 

最新記事

リンク

「データベース」アクセス数

「車中泊でクルマ旅」総アクセス数

アクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。