日本全国の道の駅や無料駐車場などの車中泊スポットと、人気温泉地・フォトスポット・グルメなどのクルマ旅情報を収録しているブログです。

  車中泊でクルマ旅 ブログのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 北海道/車中泊スポット > 利尻島ファミリーキャンプ場「ゆ~に」/北海道<無料記事>  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

利尻島ファミリーキャンプ場「ゆ~に」/北海道<無料記事>

2014 - 08/26 [Tue] - 05:07

利尻島ファミリーキャンプ場「ゆ~に」

 

鴛泊フェリーターミナルに近い、利便性のよいキャンプ場
利尻島には数ヵ所のキャンプサイトがあるが、 利便性と快適さで選ぶなら、文句なしにココだろう。ただし、施設はコテージ&バンガローと、利尻山の登山客を対象にしたテントサイトで構成されており、原則としてオートキャンプはできないようだ。

 

利尻島ファミリーキャンプ場「ゆ~に」

 

筆者が利用した日は平日で利用客が少ないうえに雨模様だったため、たまたまこのようなオートキャンプの形態を取ることが許された。この駐車場は本来、バンガロー客が利用する場所ということなので、いつもいつもこうできるとは限らない。車中泊で利用する際は、現地の利用状況を見て交渉してみるといい。

 

利尻島ファミリーキャンプ場「ゆ~に」

 

炊事棟は掃除が行き届いており、トイレはもちろん水洗。サイト料金は大人ひとり1泊500円とすこぶるリーズナブルなうえに、ゴミもきちんと処分できるので、ロングステイにも適している。

 

利尻富士温泉

 

敷地を出た道路の向かいには、日帰り温泉の「利尻富士温泉」があり、サイトからは歩いて行ける。また温泉の館内にはコインランドリーも用意されている。さらに利尻富士温泉の脇には甘露泉水が引かれていて、水が汲めるようになっているほか、坂を下れば鴛泊の市街が広がり、セイコーマートもすぐ近くにある。

 

利尻島

 

キャンプ場前の道路をさらに登っていくと、利尻山登山道の入口があり、道路と並行したハイキングコースが整備されている。またキャンプ場のすぐ下にはサイクリングロードが設けられており、車のこない針葉樹林の中を通って、姫沼のほうへ抜けられる。なお、キャンプ場からは利尻山の山頂付近しか見られない。

 

 

【正式名称】
利尻島ファミリーキャンプ場「ゆ~に」
〒097-0101 北海道利尻郡利尻富士町鴛泊栄町
☎0163-82-2166
【サイト数】
テントサイト 約30張り(フリーの草地)
【営業期間】
5月1日~10月31日
【料金】
入村料大人ひとり500円
【フィールド】
林に囲まれた段々状の草地
チェックイン 14-17時
チェックアウト 翌10時まで
【トイレ】
水洗
【最寄の入浴施設】
利尻富士温泉
(営業時間) 11:00~21:30  
定休日:無休
入浴料 大人500円
【最寄のショッピング施設】
鷲泊市街まで約800メートル。

 

【車中泊適性度】
1.駐車場の平坦度=ほぼ平坦 ○ 
2.ゴミ箱の有無=あり ○
3.入浴施設までの距離=徒歩約300メートル ○
4.飲食・物販施設の営業時間=利尻富士温泉の軽食レストランは21時まで △ 
5.コンビニ・スーパーまでの距離= 鷲泊市街まで約800メートル ○

 

 

 

 
 
当サイトは、右のカテゴリーのブログランキングに参加しています。記事の内容、貴方の旅のお役に立てば、バナーを一押ししてください。励みになります。 にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村 

 
 
車中泊に関するオリジナルの情報サイト
オートパッカー
大人の車中泊
サブバッテリー
クルマ旅に関するオリジナルの情報サイト
クルマで旅する北海道
車中泊で温泉旅

 

 | HOME | 

スポンサードリンク

情報インデックス

■車中泊スポット
■観光&撮影スポット
■日帰り温泉
■グルメスポット
■コインランドリー
※北海道情報はこちら
 
 

全記事表示リンク

検索フォーム

簡単!ブックマーク

カテゴリ

プロフィール

稲垣朝則
車中泊専門雑誌カーネルの巻頭特集「車中泊で旅する」を連載しており、その取材で年中日本全国を旅している。
既に日本列島を5往復以上…
主なホームページ
■車中泊でクルマ旅
■大人の車中泊
■オートパッカー
クルマで旅する北海道
車中泊で行く温泉旅
サブバッテリー
 
 

最新記事

リンク

「データベース」アクセス数

「車中泊でクルマ旅」総アクセス数

アクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。