日本全国の道の駅や無料駐車場などの車中泊スポットと、人気温泉地・フォトスポット・グルメなどのクルマ旅情報を収録しているブログです。

  車中泊でクルマ旅 ブログのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 北海道/車中泊スポット > 流星・銀河の滝 無料駐車場/北海道 層雲峡の車中泊スポット<無料記事>   

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

流星・銀河の滝 無料駐車場/北海道 層雲峡の車中泊スポット<無料記事> 

2014 - 05/30 [Fri] - 08:27

流星・銀河の滝 無料駐車場

 

陽が当たる双瀑台の撮影に最適。
流星の滝と銀河の滝が流れこむ、層雲峡渓谷の散策用に設けられた駐車場で、温泉街には近く、国道からは少し離れた好立地にある。奥行きがあるレイアウトなので、隣を気にすることなくゆったりと車中泊ができる環境だ。しかも傾斜が少ない。ただし、場所が少しわかりにくそうなので、まずはアクセスから説明しよう。

 

DSC_4953.jpg

 

※拡大写真

 

上の地図を見ればわかる通り、駐車場は国道39号の「銀河トンネル」と、石狩川の間を走っていた旧道沿いに作られている。厄介なのは、旧道は駐車場で行き止まりになっており、層雲峡温泉側の銀河トンネル入口の手前にしか進入路がない。つまり、北見方面から行く場合は、銀河トンネルを超えて、旧道をUターンするかたちで辿り着く。

 

DSC_4946.jpg

 

もちろん国道には表示があるが、トンネルを出たらすぐに左折するので、出口の手前から減速しておかないと「クルマは急には曲がれない」。流れに乗って普通に走行すれば、まず100%通り越すことになるだろう。

 

流星の滝

 

流星の滝と銀河の滝は、駐車場からも見える。

 

DSC_9128.jpg

 

またこの駐車場は、流星の滝と銀河の滝を同時に眺められる双瀑台にも通じている。

 

DSC_4955.jpg

 

ロッジ風のきれいなトイレ。

 

なお、層雲峡周辺の無料駐車場は、ここの他にも「層雲峡温泉街」と「大函」に設けられているが、前者は温泉施設の利用者のために作られたものだけに、特に長時間居座るような車中泊は推奨できない。また大函の駐車場は人が少なく、夜は少し不気味かも知れない。本来お勧めなのは1泊500円で利用できる層雲峡オートキャンプ場だが、ペットの同伴が禁じられている。消去法で考えると、どうやらペット連れの旅行者には、ここが一番落ち着ける車中泊地になりそうだ。

 

【正式名称】
流星・銀河の滝 駐車場
【駐車台数】
約100台
【営業期間】
通年
【料金】
無料
【路面】
アスファルト(立体)
【トイレ】
水洗トイレ
【最寄の入浴施設】
黒岳の湯
大人600円
営業時間:10:00~21:00 休館日:水曜
最寄のショッピング施設】
車で5分ほどのところにコンビニあり

 

【車中泊好適度】
1.駐車場の平坦度=ほぼ平坦 ○
2.ゴミ箱の有無=未確認 -
3.入浴施設までの距離=約3キロ △
4.飲食・物販施設の営業時間=なし ✕
5.コンビニ・スーパーまでの距離=セブン-イレブンまで約4キロ △

 

 

層雲峡のガイドページへ 。

 

 
 
当サイトは、右のカテゴリーのブログランキングに参加しています。記事の内容、貴方の旅のお役に立てば、バナーを一押ししてください。励みになります。 にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村 

 
 
車中泊に関するオリジナルの情報サイト
オートパッカー
大人の車中泊
サブバッテリー
クルマ旅に関するオリジナルの情報サイト
クルマで旅する北海道
車中泊で温泉旅

 

 | HOME | 

スポンサードリンク

情報インデックス

■車中泊スポット
■観光&撮影スポット
■日帰り温泉
■グルメスポット
■コインランドリー
※北海道情報はこちら
 
 

全記事表示リンク

検索フォーム

簡単!ブックマーク

カテゴリ

プロフィール

稲垣朝則
車中泊専門雑誌カーネルの巻頭特集「車中泊で旅する」を連載しており、その取材で年中日本全国を旅している。
既に日本列島を5往復以上…
主なホームページ
■車中泊でクルマ旅
■大人の車中泊
■オートパッカー
クルマで旅する北海道
車中泊で行く温泉旅
サブバッテリー
 
 

最新記事

リンク

「データベース」アクセス数

「車中泊でクルマ旅」総アクセス数

アクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。