日本全国の道の駅や無料駐車場などの車中泊スポットと、人気温泉地・フォトスポット・グルメなどのクルマ旅情報を収録しているブログです。

  車中泊でクルマ旅 ブログのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 長野県/観光&撮影スポット > 湯田中温泉郷/長野県  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

湯田中温泉郷/長野県

2014 - 09/12 [Fri] - 02:15

湯田中温泉郷

 

小林一茶ゆかりの温泉郷

北信州山之内にある俳人「小林一茶」ゆかりの温泉郷が、これからご紹介する湯田中温泉だ。ここには14軒のホテルや老舗旅館などが存在し、駅から夜間瀬川沿いの高台に向かって、みやげ物屋や飲食店などが点在する温泉街が形成されている。

写真の大湯は湯田中温泉きって名所。
日本温泉協会発行の雑誌「温泉」の第47巻「共同浴場番付」において、西の横綱の道後温泉と並び、東の横綱に番付けられたことで、一躍全国の温泉ファンに知られるところとなった。

文献に残る開湯は約1300年前の天智天皇の時代。僧「智由」により発見され、「養遐齢(ようかれい)」と名づけられた。これが現在も同位置にある上の写真の大湯である。
「養遐齢(ようかれい)」の遐齢は長命長寿のことを意味するとされ、この温泉は病を癒し、心を爽やかにして、健康で長生きできる霊験あらたかな温泉であると伝えられてきた。江戸時代には草津街道の宿場として栄え、また湯治場としても利用されるようになったという。松代藩の真田氏は湯田中の湯を愛し、お城にも温泉を届けさせたという記録も残されている。


ちなみに西の道後温泉本館のレポートはこちら…

 

湯田中温泉 鶴の湯

 

湯田中温泉郷には大湯の他に、綿の湯・わしの湯・千代の湯・滝の湯・白樺の湯・弥勒の湯・平和の湯・脚気の湯と9軒の共同浴場が存在している。かつてはいつでも一般開放されていたが、マナーの悪さにより、現在は大湯以外の8軒が地元民および宿泊客専用となっている。ただし、一部の共同浴場は、毎月26日に一般客の入浴が可能とのこと。

 

湯田中温泉 楓の湯

 

また現在は、長野電鉄の湯田中駅前に今風の日帰り温泉施設「楓の湯」ができており、300円で手軽に名湯が楽しめる。楓の湯については、下記に別途詳しくレポートしている。

 

楓の湯レポート

 

 

2010_10_05.jpg

 

さて、今度は小林一茶のお話を。
信州・柏原に生まれた俳人小林一茶は、晩年に湯田中温泉を足しげく訪れ、湯田中の湯本家離れの「湯薫亭」に長い間滞在していた。その一茶が書いた「田中河原の記」の一説にある「田のくろ、ある(い)は石の蔭より、、めでたき湯のふくふくと出て、ただいたずらに流れちりぬ。」が、湯田中温泉の名前の由来になったのではないかとも言われている。

 

2010_10_08.jpg

 

温泉街を歩くと、何箇所かで一茶の句碑を見ることができる。

 

2010_10_07.jpg

 

また温泉街の綿の湯から山手に進んだ雨含の松がある座生神社の裏からは、「一茶の散歩道」と名づけられた木立の中の遊歩道が作られており、途中には昭和31年(一茶没後130年)に小林一茶顕彰のため建立された一茶堂がひっそりと建っている。

 

2010_10_06.jpg

 

松尾芭蕉・与謝蕪村と並んで江戸の三大俳人と言われる小林一茶は、15才で江戸にたち、関西・四国・九州をはじめの各地を行脚し、文化9年(1812年)に50才で信濃町に帰郷した。
その翌年から、湯田中温泉の旅館主人湯本希杖その子其秋との俳諧を通じた交際が始まり、65才で亡くなるまで、この地に足しげく訪れ、希杖親子は温かく迎えていたという。その関係で湯田中には一茶晩年の日記類をはじめ一茶研究に欠くことのできない数多くの貴重な遺墨が保存され、その一部が一茶・荻原井泉水記念俳句資料館「湯薫亭」に展示されている。

 

信州 湯田中温泉公式サイト

 

この湯田中温泉からは、アニメ「千と千尋の神隠し」に登場する油屋のモデルになったともいわれる金具屋のある渋温泉、また海外からも多くの観光客がやってくる地獄谷公苑など、お勧めしたい旅の見どころが連続している。それらについても、同様に詳細レポートを記載しているので、行かれる際は参考にしていただければ幸いだ。

ここから白根山を超えて草津温泉に至るエリアは、まさにクルマ旅の「いぶし銀コース」。歳を重ねるほどにその良さが見えてくるのかも知れない。

 

信州・長野県のクルマ旅情報はこちらのページで。

 

 
 
当サイトは、右のカテゴリーのブログランキングに参加しています。記事の内容、貴方の旅のお役に立てば、バナーを一押ししてください。励みになります。 にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村 

 
 
車中泊に関するオリジナルの情報サイト
オートパッカー
大人の車中泊
サブバッテリー
クルマ旅に関するオリジナルの情報サイト
クルマで旅する北海道
車中泊で温泉旅

 

 | HOME | 

スポンサードリンク

情報インデックス

■車中泊スポット
■観光&撮影スポット
■日帰り温泉
■グルメスポット
■コインランドリー
※北海道情報はこちら
 
 

全記事表示リンク

検索フォーム

簡単!ブックマーク

カテゴリ

プロフィール

稲垣朝則
車中泊専門雑誌カーネルの巻頭特集「車中泊で旅する」を連載しており、その取材で年中日本全国を旅している。
既に日本列島を5往復以上…
主なホームページ
■車中泊でクルマ旅
■大人の車中泊
■オートパッカー
クルマで旅する北海道
車中泊で行く温泉旅
サブバッテリー
 
 

最新記事

リンク

「データベース」アクセス数

「車中泊でクルマ旅」総アクセス数

アクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。